いつかきっと・・・ いや、今をもっと
サラリーマンがプチリタイアを目指して始めた不動産投資。 いつの間にか不動産屋さんに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


笑い話???
昨日戸建の退去がありました。

妻が立会いを行ってくれたのですが、
そのときに面白い???話があったので
面白半分にご紹介を・・・・

つい先日の事。
旦那様が仕事で遅くなって、奥様が一人で居る時に
ドアを壊れんばかりにガンガン叩く音が・・・

何事かと思っても、怖くてドアを開けられません。

浴室の窓を透かしてそ~っと覗いて見ると、
叩いているのは自分の家では無くて向かいの家の玄関です。

男性の方が、ドアをガンガン叩きながら何かを叫び散らしています。

奥様は怖くなって携帯で旦那様に電話を掛け、状況を説明しました。
そして、ドアを叩く音を聞かせようと携帯を窓を向けたその時、

お向かいに住んでいる家の女性の方が、
助けて~、殺される~』って大声で叫んだのでした。

旦那様は、奥様が叫んだのと思い込み、仕事をほったらかして
直ぐに自宅に駆けつけました。
その時の旦那さんの気持ちを思うと・・・・

そして家に着いた時は既に、警官が来ており男の人は逮捕され、
お向かいの女性の方が警官に色々と質問をされている最中でした。
それも顔をボコボコにされながら。

でも、その女性の方は質問をされている最中も、タバコをふかしながら
堂々と答えていたとの事です。
何とも強い人です。

その話を笑いながら夫婦でされていたのですが、
うちの入居者(退去者?)には被害が無かったものの
近所にそのような方がいるのは心配の種が増えてしまいました。

あ、その方の退去の理由はそれじゃ無く、新居を建てたからで
たまたま退去前にあった出来事です。

以上
スポンサーサイト


貯水槽からの水漏れ
相変わらず本業が多忙を極めて、
中々ブログを更新する心の余裕がありません。

書きたい内容は溜まってきているのですが・・・

ボチボチと更新して行きますのでたまに覗いて下さいませ。

ということで、今日は貯水槽の水漏れの話しを。

昨年末に購入した物件、
貯水槽が水漏れがをおこしていました。

これは購入時には解っていたので、当然修理の予定をしていました。

2月中旬に水漏れの修理を行って、3月から外壁塗装を
行って4月の中旬に完了の予定です。

予定通り、2月の中旬に1日断水にして貯水槽の中のパネルの継目を
FRPで固めていただきました。
修理業者さん曰く、
このタンクは水漏れが多く、数多く修理を行っているとの事。
安心してお任せしました。

そして、まる一日掛かった修理も無事?終わり、翌日チェックに行くと
???

何か湿っている・・・

業者に、『まだ漏れているようですよ~』と連絡すると、

『今日は曇っているので、乾ききっていないのかも、
晴れた日に確認します。』

って、水漏れしていた所以外は完全に乾いているのに
そんな訳ないやん!と思いながらも、
直ぐにはっきりするわと思い、2~3日様子を見ることに。

で、晴れた日もやっぱり湿っている。
修理の時は継目という継目は全てFRPを塗っているのは
私も確認しているので、何処からもれているのやら???

FRPの塗り方が悪かったのか?

結局やり直しに、

それが、塗装が始まった3月初旬の事。
入居者の方には2日も迷惑を掛けてしまいました。

また、まる一日掛けて、これでもかってぐらいにFRPを
塗ってくれました。

でも、それでも止りません。
継目という継目は全て塗っているので漏れようがありません。
業者さんもお手上げです。

当然素人の私も解るはずも無く、業者さんに色々と検討してもらっていました。

すると、数日前から水漏れが止っています。

何で????????と不思議がっていると
業者さんより電話が、

『貯水槽を見直していると、給水パイプが上向いており
給水時、水がタンクの天井向いて噴出しています。
その水が、タンクの天井と壁との間を伝って漏れていたようです。
給水パイプの向きを下にして様子を見ていたのですが
その後、一切水漏れはありませんので、
それが原因だったようです。』との事。

結局、修理した所は問題が無かったみたいです。
ま、2回も塗って頂いたので当分は大丈夫でしょう!




Copyright © いつかきっと・・・ いや、今をもっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。