いつかきっと・・・ いや、今をもっと
サラリーマンがプチリタイアを目指して始めた不動産投資。 いつの間にか不動産屋さんに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついに行って来ました!『沢田マンション』
沢田マンションを知ったのは、十数年前

不動産関係に全く興味も無かった頃。

あるTVの特集で、全く素人の夫婦が手作りで鉄筋のマンションを建てた

それも常に増築が繰り返されている進化し続けるマンションがあると

紹介されていました。

その当時は、不動産関係には全く興味が無かったので、
『ふ~ん、すごい人も居るもんやな~』ってぐらいで
聞き流して、長い間忘れていたのですが。

2~3年前に地元の大家さんとの飲み会の際に沢田マンションの話が出て
『今度一回見学に行こうか!』という事になったんですが、
中々行く機会が無かったんですが・・・

とうとう、一昨日行って来ました。

それは、期待通りのとんでもないマンションでした。

詳細は長くなるので、時間のある人は


沢マン行きが決まったのは、11月のとある居酒屋。

時間的に融通が利き易くなったので、
一度行きたかった沢マンの話を出してみました。

『以前行ってみよか!って言ってた沢マン、
 具体的に検討してみやん?』

『ええんちゃう!来月でも行こか?』
『都合のええ日は???』
という具合に、トントン拍子で12/19~20に決定。

ネットで色々と調べてみると、
若旦那さんのブログに詳しく紹介されていたので参考にさせていただきました。
ブログの写真の中に、住人の方がボランティアでマンション内を案内してくれる貼紙を発見!
早速メールで連絡をしてみました。
しかし、返事は無し。
更にネットで調べると、沢マンの住人の方のブログにも
連絡先が載ってたので、そちらにメールをするとあて先不明で届かない。

結局アポ無しで行く事に・・・

行く途中、こちらも若旦那さんのブログで紹介されていた『ゆず庵』で昼食を。
こちらも期待通りの奇抜さで、入ったとたん恐竜がお出迎え。
01ゆず庵1 02ゆず庵2

店内を進んでいくと龍馬さんまで迎えてくれて・・・・
と思えばこちらは売り物?
998000円の値札が・・・
03ゆず庵3

奇抜なだけではなく料理もおいしくて、
今度来たときには、『くじら姿寿司』 (要予約、前金で3億5千万円)
でも頼もうっと!
04ゆず庵 05ゆず庵

昼食後、念願の沢マンへ
06外観

出発まえには連絡が付かなかったツアーボランティアの住人へ再度メールを
07案内  08案内詳細

やはり、連絡が付きません。

見学の許可だけでも大家さんに頂こうと1Fの大家さん経営のお店へ
00大家さんの店

しかし、お店は閉まっていて誰もいません。

周りを見渡していると、マンションの敷地内で何か作業をされている方が・・・
ダンボールを柱に取り付けてカメラを組み込んで何かを撮っている。
09ピンホールカメラ

話を聞いてみると、住人の方で、趣味で、ダンボールでピンホールカメラを作り
マンションの風景を撮影しているとか。

関西の片田舎から見学をさせて貰いに来た事を説明すると、
この方がボランティアで見学ツアーをしてくれる住人の方で、
快く見学をさせてくれました。

まずは、地下へと案内頂き
10案内開始

途中で面白い壁画?有ったので写真をパチリ
11壁画1

そして地下駐車場に
12地下駐車場
ところどころから水がポタポタと、
あまり失礼な事は聞けないので口から出そうな言葉を飲み込んだまま
独特な雰囲気の駐車場を進んで行くと

13地下BAR
以前、住人の方専用の地下BARがあったとの事で、
そのときの名残が
みんなで、飲み物や食べ物を持ち寄って飲み明かしたんでしょう。

更に進んでいくと
14地下道場
道場が・・・
以前は発動機を置いていたのが大雨の際水浸しになって使えなくなったので
取っ払って、大家さんが住人のためのコミュニケーションのスペースを作ってくれたんだって。

その部屋の端っこに陶芸室が
15地下陶芸室
住人の方が大家さんに陶芸のスペースを貸してほしいと頼んだ所、
地下室の端っこに仕切りを付けて専用部屋を作ってくれたとか。
勿論家賃は払ってはいるらしのですが。

この地下室も地下駐車場も全て大家さんがユンボで掘った手作りだそうで。

地下はこのぐらいで、次は上の階へ
16スロープ
スロープを使って上がって行きます。

空室を案内してくれました。
実は、この空室の前に、別の入居者の方の部屋を見せてくれたのですが、
入居中だったので、写真は自粛。
でも、留守中に勝手に見せてくれるという、普通では考えられないような世界です。
17空室1  18空室2
あまり、いや、全然細かい事は気にしない大家さんで
ファンが理解しにくい所に、ちなみにファンはここだけでは無く
写真には写っていませんがこの写真の手前側にも同じように天井に付いています。
何故かって?
細かい事は気にしない大家さんだからですって。
証拠に、写真のファンの電気の線、短すぎてコンセントまで届かずに
ぶら下がったままでしょう~

和室もちゃんとあるんです。
19空室和室

手作りなので規格ものの建具は入らないので、建具も全て手作りだとか
20建具

ちなみにこの部屋は専用庭付きです。
21専用庭
手入れまで手が届いていないようですが、
きれいにすればとっても感じの良い部屋になりそう。

そして、建物のベランダや廊下には花壇が
22-2植栽  22植栽
大家さんが緑が好きで、人間、緑が無かったらあかん!との事で、
そこらじゅうに色んな植物が植えられています。

植栽だけでは、もの足らずに池や
23池
廊下?歩道?には砂も
24庭?

そして、屋上には畑まで、
25畑
この畑、以前は田んぼだったとか、
一応防水処理は行っているらしいのですが、『沢田マンション物語』では
大家さんは、万一コンクリートにヒビが入ってもそこに田んぼの土が入り
稲の根が生えるので防水になった水漏れはしない!との事なので
本当におおらかな細かい事には気にしない人だったようです。

建築だけでは無く、当然リフォームは改装も全て自分で行う人なので、
工作室や製材所まであるんです。
26工作室  27製材所

そして屋上には非常食用の倉庫が
災害時用にと、住人全員の3日分の食料をこの倉庫に保管しているとの事です。
28貯蔵庫

毎年住人全員で防災訓練も行っており、若い人が年配の方の面倒を見たり
役割分担もしっかりしており、住人同士のコミュニケーションの良さがずば抜けています。

また、屋上には
手作りのクレーンやエレベータまであり、活躍しています。
29クリーン  30エレベータ  31エレベータ2

先ほど見せて頂いた空き部屋のお風呂は『0916』?ぐらいのサイズだったんですが
別の部屋には大きっなユニットバスを設置している最中でした。
32ユニットバス
コンクリートの壁をぶち抜いて、外から?いや外にユニットバスを設置して
その周りにサイディングを貼るようです。

外廊下の一部にタイルが。
33お風呂跡
ここは『沢田マンション物語』にも載っていましたが
滞納者の居た部屋が有った場所らしいです。
滞納をして、家賃を払う気も無い住人が退去もせずに居座った為
部屋の壁を3面壊して部屋を部屋でなくして追い出してそうです。
そのときのお風呂の有った場所が今は外廊下になっているそうです。
ちょっと豪快な大家さんです。

34ウイークリー
ここには、ウイークリーマンション用の部屋もあり、
今回の宿をここにしようか?とも考えたのですが、
みんなに猛反対に合いここに泊るは残念しました。

建物の壁にはこんな壁画も
35壁画2
このマンションには芸術家の方の数名入居されているとの事なので、
入居者の方が書かれたんでしょうか?

このマンションは1971年着工との事なので40年近く経ち
老朽化して来ている所もあります。
柱なんかも鉄骨にサビがまわってきており現在補強工事中でした。
36耐震補強1  37耐震補強2
現状の柱の回りに鉄筋を組んで回りをコンクリートで固めています。
大家さんも大らかで細かい事は気にしないようですが、安全面には
気を使っているようです。

建物のあちこちに、大家さんの思い出の品物でしょうか?
発動機やポンプ?等が置かれており、ちょっとした博物館?のよう
39置物1  40置物2  41置物3

これも、入居者の作でしょうか?
42建物のモデル

一通り案内を頂いた後、みんなで、1階の喫茶店でコーヒーで休憩を
案内して頂いた方には色々面白い?話をお聞かせ頂きました。
38喫茶店

最後に、
今回沢田マンションに見学に行かせて頂いた最大の目的は
沢田マンションという一大コミュニティーを形成できた理由、
また、それを続けられている理由を教えて頂く事でした。

その質問をストレートに案内頂いた住人の方にお聞きしました。

その回答は、予想通りの内容と予想外の内容でした。
予想通りの内容は、皆さんも想像が付くと思いますが、
大家さんが人好きで、大家さん自らコミュニケーションをとられている。
そして、同じように人好きでリーダーシップがあり色々な行事を
運営してくれる入居者が2~3名いる。
今回案内頂いた方もその一人です。

予想外の答えだったのは、人には聞こえないようにこっそりと
答えてくれたのですが、ここでは書けません。
決して参考にならない、いや参考にしてはいけない内容でした。

でも、隣近所等の人との輪を大切に生活できる環境って良いですね。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


ひーこさん、
面白いレポートをどうもありがとうございます!

>決して参考にならない、いや参考にしてはいけない内容でした。
とっても気になります(笑)

zuboo | URL | 2010/12/22/Wed 05:32 [EDIT]
こういうマンションがあるとは知らなかったですねぇ(^^;)
うちもある程度自分で作業するタイプではありますが、まだまだ足元にも及ばないですわ(笑)

コミュニケーションがとれる物件は防犯面でも安全なんだとか。
築古だから・・・とあきらめる前にするべきことはたくさんあるって、教えてくれるマンションレポート、ありがとうございました(^^)

でも手作りエレベーターにクレーンは怖いなぁ(・・;)
ぺっぺ | URL | 2010/12/22/Wed 10:06 [EDIT]
zubooさん

『決して参考にならない、いや参考にしてはいけない内容』は
zubooさんの想像通りの内容だとおもいます。

でもあのコミュニティーとっても魅力がありますね。
| URL | 2010/12/22/Wed 11:08 [EDIT]
ぺっぺさん、
『コミュニケーションがとれる物件は防犯面でも安全なんだとか』

そう、住人全員知り合いっていうか家族のような感じみたいなので
留守の部屋が有ってもドロボーは入り難いでしょうね。

多分、あの世界にどっぷり浸かったら普通の世界に抜け出すのは
難しそう・・・
| URL | 2010/12/22/Wed 11:22 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © いつかきっと・・・ いや、今をもっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。