いつかきっと・・・ いや、今をもっと
サラリーマンがプチリタイアを目指して始めた不動産投資。 いつの間にか不動産屋さんに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽光発電についての税金の結果
昨年来より決まっていなかった太陽光発電の売電費用に付いて
税務所から方針が決まったとの連絡がありました。

結論
①売電に対しての所得区分:
『不動産所得』です。
不動産所得の付随収入になるとの事です。

②太陽光パネル設置に対してのエネ革税制の初年度即時償却に関して。
『初年度即時償却は不可』。
売電所得は事業業所得では無く不動産所得であり、即時償却は
事業所得から行うとなっている為、即時償却は不可。

という事です。

ま、予想通りの結論です。
ただ、これだけの結論を出すのになんでこんなに時間が掛かったのかが???
ですが。

という事で、太陽光発電の減価償却は普通償却となりますので15年です。
うちの場合、昨年12月に設置なので減価償却も月割りなので昨年度は1/180です。
だた、少しでも返してもらえるものは返して貰いたいので、
更正の請求を行います。

ちなみに、内容は以下の条件に対してですので
全ての方に言えるかは???ですのでご注意下さい。
条件
1.不動産貸付業を事業的規模で行っている個人
 法人も同様かは確認を行っていないので???です
2.太陽光パネルの発電を共有部に使用し、余剰電力を売電している。
 殆ども場合、このパターンと思いますが、
 大家さんがマンションの一室に住んでいて契約を大家さん宅としていた場合は
 また対応が異なるとの事です。

当初、大阪税務局の電話相談では、エネ革税制の初年度即時償却は
青色申告していれば出来ますよって言っていたのに
間違った事を言っていて何の責任も無いんですね。

また、多くの太陽光パネルの設置メーカーや大手ハウスメーカー、
大家さん向けのセミナーで即時償却が出来そうな説明をしていたのですが
これらを信じて施工された方は可愛そうですね。

今回のこの不手際はやっぱり、経済産業省と税務署の事前検討の
不備によるものの気がします。

もっとしっかりして欲しいもんです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © いつかきっと・・・ いや、今をもっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。