いつかきっと・・・ いや、今をもっと
サラリーマンがプチリタイアを目指して始めた不動産投資。 いつの間にか不動産屋さんに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一棟目の購入
戸建てメーカーの営業マンに紹介してもらった内の1棟を購入することになったのですが・・・
購入したのは、2002年11月。
物件は築24年の積水ハイムのアパートでファミリータイプ、
厳密に言えば4戸/1棟と3戸/1棟の2棟で、表面利回りは14%ちょっと、
しかし、①物件の程度が悪い、②私道に面しているため通常では再建不可、と後から考えると決して条件の良い物件では無かったのですが、欲しいが先走り親類からの借入金で結局購入してしまいました。

そして営業マンの説明も、『面している道が私道で表向きは再建不可ですが、資産価値の低下になる為、再建する場合は絶対に許可が下りるので全く問題ありませんよ。』と、とんでも無いこと平気で言っていました。

勢いで購入してしまったんですが、私にとってはこれが不動産投資?のスタートになったので物件自体は決して条件の良いものではなかったのですが、この物件を購入した事自体は正解だったと思います。
(今なら決して買いませんが。。。)

ただ、この物件にはめちゃくちゃ手が掛かりました。

購入した際は、1部屋空室の状態だったのですが、その部屋はリホームもされず荒れ放題。

まずはこの部屋のリフォームから、クロス、CF、たたみ、全て交換
ベランダの床の土台が木で腐っていたので、鉄の角材に交換と素人が発注したので通常の1.5倍~2倍近く掛かってしまいました。
それでも、ペンキ等は自分でやったのですが。

それと、屋根と階段などの鉄部の再塗装。
これは、複数の業者に合い見積もりをとり、一番安い業者にお願いしました。 が、
明らかに手抜き作業で、ケレン掛けもまともにせず塗装後、1週間程度でさびが浮いてくる始末。この業者は以前より自宅のリフォームをお願いしている業者の為、あまり強い事が言えずに結果としては泣き寝入り状態に。後の手直しが大変でした。
(この業者とはこれが最後の付き合いになりましたが。)

その後、こまごまとした問題はあったのですが、中でも大きな出来事は
購入後の2年間に入居者が2人亡くなった事です。
古いアパートの為安価な家賃なので、入居者のほとんどは年配の方々です。
人間寿命がくるのは当然なのですが、やっぱり大変です。

それと、汚水の排水管がつまり汚水が噴出す事2回、一回目は訳が解らず、ホームセンターでスプリング状の配管の詰まりを突き出す道具を買ってきてチャレンジしたのですが、汚物がちょろちょろと出てくるばかりでお手上げ、アパートの管理業者より専門業者を呼んでもらい通管をしてもらいました。
あれは素人ではどうすることも出来ませんね。
仮に出来たとしても二度と自分でしたいとは思いませんが・・・

しかし、このアパートのおかげで色々と経験させて頂いたので、良い教材になったかな。

次は無謀にも買いを入れてしまったとんでも無い物件です。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © いつかきっと・・・ いや、今をもっと. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。